Event is FINISHED

《7月6日@京都》未来予測特別セミナー「働き方改革」――― 働き方改革とは働き方を本質的に変えたことによる「現象」や「結果」であり「目的」ではない。

Description

本日開催【特別セミナー「働き方改革」】について(2018年7月6日掲載)

豪雨による避難指示・勧告が出ている地域がございます。該当地域および近隣の皆様のご無事をお祈り申し上げます。

現時点で、本日の【特別セミナー「働き方改革」】は開催する方向で準備を進めております。
今後の状況により開催を中止・延期いたします場合には、当ページなどでご案内いたします。

12:00追記:
現在、下りの新幹線のダイヤが大幅に乱れており、開始時刻を予定より遅くなる可能性がございます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

12:15追記:
開始時刻を「15:00」、終了時刻を「21:00」に変更いたします。何とぞよろしくお願いいたします。


残念ながらご来場が難しい場合にはキャンセルを承りますので、下記のお問い合わせ先までご連絡くださいますようお願いいたします。
ご来場いただけます場合は、どうかご無理をなさらずお気を付けてお運びくださいませ。

●お問い合わせ
株式会社アクアビット
電話:03-5318-1488
電子メール:briefing_kyoto@aquabit.co.jp


3月28日に3×3 Lab Future(東京都・大手町)で開催した当セミナーは、告知直後より大きな反響をいただき満席にて事前登録の受付を終了しました。多くの方々からのリクエストにお応えするかたちで、今回は京都での再演のはこびとなりました。前回の講演のグラフィックスレコードはこちらからご覧いただけます。

 「働き方改革」とは、働きを本質的に変えたことによる「現象」「結果」であり「目的」ではない。このセミナーを通じて最もお伝えしたいことである。

 かつての「IT」がクラウドロニクス(IT + ネットワーク + エレクトロニクス)に進展し、「人」に求められるものや「時代」が確実に変わり始めている。「働き方」はその現象の一端に過ぎないのだろう。

 ロボット利用の本格化で、単純労働の価値は急速に失われていくのは確実。同じく人工知能の一般化で、(たとえどんなに膨大・専門的でも)単純な知識(暗記)やそれに基づく判断・オペレーションは置き換えられてしまう。「標準化できる」「PDCAで回せる」といったものは、遅かれ早かれロボットやIT/人工知能に置き換えらる。これは宿命である。

 このことは、従来の【価値観を一変させるポテンシャルを秘めている。現在の“日本型”優等生は、暗記・スピード・正確性を競わせて作り上げられた。しかし、これから「勉強しかできない」「つまらない人間」「有能だけど自己中心で嫌なヤツ」にはほとんど価値がなくなる。

 人事評価のキーワードは「インパクト」。大切なのは、自分の外側にどれだけ影響を与えたか。「自分はこんなことをやった!」ではなく、「自分の支援で、Aさんにこんな成果が出た」と翻訳しなければならない。そのためには、コミュニケーション能力が何よりも大切。能力がいくら高くても、自己中心的・他人に嫌われるような人ではダメ。こういったタイプは淘汰され純化していく。その結果、社員満足度が上がり、メンタル疾患が減り、離職率が下がる。

 「インパクト」とは、同時に「普通ではないこと」が評価されるということ。予定調和からどれだけ外れているか?を社員に求めること。それは「クリエイティブ」を促し、「イノベーション」を仕組み化しているということ。これは“AI後”の人間の働きでもある。

 これから業務管理の様々なところで、AIが当たり前に導入されていく。人間が果たすべき役割は、クリエイティブやイノベーションだけになる。だから「インパクト」。パフォーマンスが高いのは、他者と「つながり」を持つ人。だからこそ、「いつでも」「どこでも」「誰とでも」働けるようにする必要がある。

 人も会社も、パフォーマンスを高めるのは「つながり」。これからの時代、企業が求めるのは「エンゲージメント」に貢献できる人材へと変わっていく。そして、そこに求められるのは「人脈」であり、他者を惹きつける「人間的魅力」になる。

タイムスケジュール

13:30 開場
14:00 講演:コンピューティング革命としての「クラウドロニクス」  田中 栄
14:30 講演:マイクロソフトが実践する働き方改革(仮題) 小柳津 篤氏
19:00 交流会
20:30 終了

※交流会では軽食とお飲み物をご用意いたします(アルコールの提供を含みます)。
※チケット代には交流会の参加費用が含まれますが、交流会に参加されない場合の
 返金等はできかねますのであらかじめご了承ください。
※講演の録音・録画は禁止とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

田中 栄(たなか さかえ)

株式会社アクアビット 代表取締役 チーフ・ビジネスプランナー

法人向けレポート「未来予測2018-2030」の著者

プロフィール


小柳津 篤(おやいづ あつし)氏

日本マイクロソフト株式会社 エグゼクティブアドバイザー

1995年マイクロソフト入社。営業/マーケティング部門を経て2002年よりBPA (Business Productivity Advisor) チームを率い、ホワイトカラーの生産性向上やワークスタイル変革に関する100社超のユーザプロジェクトをサポート。2009年からはエグゼクティブアドバイザーとして働き方改革に関する多くの提言を行っている。2014年、4省(総務/厚労/経産/国交)の主唱により始まった働き方改革推進の国民運動である「テレワーク月間」において実行副委員長を務める。


未来予測2018-2030 レポート&デジタルサービス

発行:株式会社アクアビット、著者:田中 栄、価格:32万4000円。

経営者や戦略スタッフを読者として想定した法人向けのレポート。大手企業を中心にシリーズ累計で1,500社以上に導入実績があり、業種・業界を超えた将来シナリオとして幅広く使われている。2014年に発刊した『未来予測2015-2030』は、クラウドロニクス分野(エレクトロニクス・通信・ネットサービス)の主要企業のほとんどで導入されている。

このレポートの目的は、中長期戦略を立案する際に、その前提となる「将来の世界観」と「変化のシナリオ」を提示すること。10年先、15年先という長期レンジで、「世の中」がこれからどう変わっていくか。新しいビジネスを実践的に考えるために、リアルな世の中の流れを提示することを重視している。

第1章を試読できます


◆開催協力

有限会社Ek 京都市下京区水銀屋町620 COCON烏丸4F シティラボ

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#351269 2018-07-06 03:37:32
More updates
Fri Jul 6, 2018
2:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
7月6日(金) 働き方改革@京都 SOLD OUT ¥10,800
Venue Address
京都市中京区 烏丸通夷川上ル Japan
Organizer
未来予測コミュニティ(株式会社アクアビット)
72 Followers